ニュース一覧を見る

HOME > 関連団体 (一般社団法人日本ベトナム産業人材育成機構)

関連団体 (一般社団法人日本ベトナム産業人材育成機構)

JVHBD 設立趣意書

背景

我が国の少子高齢化はますます顕著化し労働力の不足が現実のものとなり、アジアから労働者を受け入れようとする動きが活発になっている。
当機構は、最友好国の一つであるベトナムの若者を対象に、グローバルな人材育成を図り、日本の産業界及びベトナム進出日系企業への労働者の提供を行い、日本の産業振興と持続的経済発展及び日越両国の親善に貢献するものである。

現状

ベトナムからの留学生及び技能実習生は約40,000人と近年大幅に増加をしているが、留学生の中には将来の目標もなく、留学生エージェントによるビジネスの対象として来日したものも多く、彼らの将来設計を支援する組織が必要である。
日本語学校終了後、大学や専門学校への進学者以外は、日本語能力等の問題から就職もままならず、本来であれば帰国の道を選ぶべきであるが、帰国せずにアルバイト生活で日本に残るものが大半で、これは不法滞在に繋がり今後に大きな問題を残すことになる。
特にこのベトナム人に対しての指導育成が課題であり当機構として取り組む。
技能実習生は3年の就労を負えて帰国後の就職先に困っている。ベトナム進出日系企業との連携が取れていないのが現状であり、当機構はベトナム日本商工会との情報連携を図り、帰国者向けの就職指導を展開するものである。
ベトナムの大学卒業者で日本語能力の高い人材は、直接日本企業への就職を希望するものも多くいるが、情報不足からごく僅かに留まっていることから、就職フェア等の現地開催を図り日本企業就職の道の拡大を図る。
ベトナムは教育熱心で、中学校・高校・大学在学中に海外経験をさせる機運が高まりつつあるがまだ機会は少ない。若年者に日本体験の機会を提供することで日本ファンを増加させることは将来の留学、就労、観光に結びつくことから、ホームスティや短期研修等に取り組む。

時給UPが労働力向上につながらないスパイラル
最高顧問 ビン前大使(前在日ベトナム大使)
理事 小川 弘之(公益社団法人ベトナム協会常務理事)
理事 渡邉 謙一(元藤田観光株式会社代表取締役社長)
理事 岩堀 克英(株式会社 アプライズ)
理事 Nguyen Canh Toan(在ベトナム KODAI株式会社)
理事 小坂 亜美(株式会社 アプライズ)
監事 馬場 英興(行政書士)

私たちの活動

本機構は、ベトナム人の若者等が、日本・ベトナム両国の産業界で活躍できるグローバルな職業能力の育成向上と人材交流を図り、両国の産業・経済の持続可能な発展と相互理解の促進を通じて友好親善に寄与することを目的とする。

本機構は、

1.前述の目的を達成するために、次の事業を行う。

  • 1)ベトナム人若者等に産業・経済等の講演会・研究会の開催
  • 2)ベトナム人留学生等の生活アドバイス及び支援
  • 3)ベトナム人若者等に職業能力開発及び雇用機会の拡充支援
  • 4)ベトナム人材及び教育に関わる相談
  • 5)両国の企業及び人材に関わる交流促進を図る活動
  • 6)その他、本機構の目的を達成させるために必要な事業
2.前項の事業は、本邦及びベトナム社会主義共和国において行うこととする。

page top